日焼けや白髪だと髭脱毛出来ない…。諦めなくてもOK!最新技術で出来ること

美容オタク小山のヘッダー画像

髭脱毛のメリット・デメリット

髭剃りする子ども

髭脱毛が幅広い年齢層の方が利用されているのは、以下2つの目的を持っているからです。

見た目を向上させる美容目的
毎日の髭剃りの手間を軽減させたい

多くの方は両方の目的で髭脱毛を受けているものです。

 

女性や仕事の取引先・顧客からは清潔感のある男性が好感されるもので、濃い髭がなくなれば外見の印象が変化します。

 

また、髭剃りは毎日時間がかかるもので、髭の濃い方や肌の弱い方はカミソリ負けや剃り残しをしてしまうリスクを抱えます。

 

このように、髭脱毛には見た目と手間を削減できるメリットがあり、成功すれば多くの方が費やした料金に対して満足しています。

 

しかし、髭脱毛には以下のデメリットもあることを理解して、慎重に検討しないといけません。

髭脱毛のデメリット
  • 痛みがある
  • 日焼けができないなど生活の制限がある
  • 料金がかかる
  • 何度も通わないといけない
  • 個人差が多く満足のいく結果を得られないこともある
  • 適切な施術をしないと逆に濃くなるリスクがある

昔から脱毛に興味を持っている男性は多かったですが、昨今は脱毛機の進化やインターネットで信頼できるクリニックやサロンの情報が普及したことでメンズ脱毛ブームが起こっています。

 

 

髭脱毛は恥ずかしいものではなくなった?

髭脱毛のデメリットに「脱毛していることが恥ずかしい」など、脱毛行為そのものにネガティブな印象がありました。

 

しかし、昨今は男性が美容に取り組むことが当たり前になり、脱毛を公言している芸能人やスポーツ選手がたくさんいます。

 

世間全体で髭脱毛のイメージが良い方向に変わってきているのは事実ですが、いまだに悪いイメージを持っている方や、恥ずかしい気持ちの強い方も一定数いるものです。

女性利用者の目を気にせずに利用できる男性専門のサロンやクリニックが増加し性的な悩み、長年のコンプレックスなどを気軽に相談出来る環境へと変化したことも髭脱毛の需要が高まったひとつの要因と言えます。

 

 

施術選びが難しくなった?
選択肢の増加で髭脱毛のメリット・デメリットも拡大しました

髭脱毛にはレーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛の3種類があり、利用する店舗はクリニックとサロンの2つのパターンがあります。

 

サロンやクリニックによって取り組みや扱っている機種、プラン、アフターサービスが違うため、幅広い選択肢を持てるようになりました。

 

脱毛サービスの多様化によってメリットを際立たせられるようになり、デメリットを緩和することが可能です。

主な事例をご覧ください。
  • 確実な効果を得たい ⇒効果が大きい医療脱毛を利用する、保証付きプランを利用するなど
  • 痛いのが苦手 ⇒痛くない脱毛機を選ぶ、麻酔オプションを利用する
  • 毛が全く生えないのは寂しい ⇒ニードル脱毛などでデザインする
  • 女性の目が気になる ⇒男性専門サロンやクリニックを利用する
  • 通う時間がない ⇒仕事帰りに寄れて無料キャンセルできる所を利用する
  • 日焼け制限が厳しい ⇒日焼けOKの脱毛機を選ぶ
  • お金をかけたくない ⇒まずはお試しプランを使う、分割払いにするなど

虫眼鏡を持つ男の子

このように、特定のデメリットがネックの場合は、脱毛する店舗やプラン選定によって解決できることが多いです。

 

自分に合ったサロン・クリニックやプランを選ぶことでデメリットを少なくできるので、髭脱毛を検討する方は納得のいくまで口コミや体験などの情報を中心に調査してみてください。